御鎮座二千六百年、岡田宮

神前挙式


結婚は、数ある人生儀礼の中でも最も晴れやかな人生の節目といえるでしょう。
御神縁によって結ばれた二人が神様の前で、人生の苦楽をともにして明るく楽しい家庭を築き、子孫の繁栄をはかることを誓い合います。


式次第(神前挙式の流れ)

一、参進

神職・巫女の先導にて殿内へ御昇殿いただきます。

 

一、一礼

祭典開始の一礼です。

 

一、修祓

参列者をお清めいたします。

 

一、祝詞奏上

斎主が祝詞を奏上いたします。

 

一、誓盃之儀

夫婦固めの三々九度の盃を取り交わします。

 

一、誓詞奏上

新郎が誓いの言葉を神様に奏上いたします。

 

一、指輪交換之儀

新郎新婦による指輪の交換(または贈呈)です。

 

一、玉串拝礼

新郎新婦と御両家の代表が御神前に玉串を奉り拝礼します。

 

一、親族固之盃

御両家の親族固めの盃を取り交わします。

 

一、一礼

祭典納めの一礼です。

 

一、退下

神職・巫女の先導にて御退殿いただきます。

トップへ